レッスンご紹介

◆ギター(ウクレレ)

アコースティックの弾き語りからエレキギターまで、きめ細かな指導をします。思い出の曲や憧れの曲にチャレンジしてみませんか?
香里園校ではウクレレも学べます。

講師のご紹介

Hiro Nakamura(ひろ なかむら)

Hiro Nakamura

12歳でギターを始め、10代の頃は弾き語りやバンドを経験。アコースティック音楽や器楽曲に没頭し、大学時代には講師を目指して勉強。
ギターをAki Miyoshi氏に師事。老舗楽器店に勤務、ギターコンテスト入賞を経て、2018年講師として活動を開始。

「現在は、生涯学習(レッスン)、文化活動(アーティスト・サポート)、音楽教育(子ども)、総合研究(音楽の発展)を支援する活動を目指しています。
式典などの依頼を受けて演奏することや、自主的なライブも細々とやっています。」

「レッスンでは、音楽の面白さや奥深さを、受講生の好きな楽曲を通じてお伝えできるように頑張っています。指先を使うのでレッスンや練習の後は頭が疲れます。無理せず音楽と向き合ってもらえるよう工夫しているつもりです。
指定教材等は特にありませんが、オリジナルの資料を適宜配布することはあります(無料)。また、作編曲、ソロギター(独奏)が得意なので、やってみたい方にはお教えします。」

「小学生から70代くらいまで、約20名ほどの生徒さんが在籍されています。ウクレレも教えてます。香里園校ではギターのメンテナンス会(修理など)を開いていますので、よろしく」

「You Tubeで演奏動画を配信しています。」

Hiro Nakamura
 ホームページ  Midville’s
 インスタグラム Midville’s
 ツイッター   Midville’s

中村先生のレッスンスケジュール ↓ ※香里園校のみ

第2・第4火曜日15:30~21:00
第1・第3木曜日 または 第2・第4木曜日14:00~21:00
※レッスンは1コマ30分。基本は隔週(月2回)の受講です。
※空き状況についてはお問い合せ下さい。

門間 英徳(かどま ひでのり)

22歳からギターを始める。子どもの頃からピアノ、ドラム、歌など音楽に親しむ中で音楽に関係する職業に就きたいと思うようになった。
2011年より演奏活動を始め、2012年よりギター講師を務める。

「現在は、カフェ、バー、ラジオ、配信ライブ等、様々な場所で演奏活動中です。」

「初心者、経験者、年齢を問わず生徒さん一人一人のペースに合わせて楽しくギターを弾くことができる雰囲気作りをしています。」

「レッスンでは、コードやメロディーを弾くテクニック、弾き語り演奏、音楽理論などについてお伝えしています。また、生徒さんの弾いてみたい曲をもとに必要な資料をお渡ししています。」

「必要に応じて画像や動画なども使って演奏の解説をしています。レッスン内容やギターについてメールでの質問も受け付けております。」

門間先生の演奏動画はこちら ↓ (3:30あたりです)

門間 英徳
 ホームページ  Hidenori Kadoma
 ホームページ  K&K Guitar Duo(所属ユニット)
 インスタグラム kadoma_gt
 ツイッター   門間英徳
 フェイスブック 門間英徳

門間先生のレッスンスケジュール ↓ ※寝屋川校のみ

第1・第3火曜日 または 第2・第4火曜日17:00~21:00
※レッスンは1コマ30分。基本は隔週(月2回)の受講です。
※空き状況についてはお問い合せ下さい。

中村先生と門間先生のコラボ動画はこちら ↓ 

◆ボイストレーニング

「音程がうまくつかめない」「声量がない」という悩みを解決するのがボイストレーニングです。「歌が上手くなりたいけれど、何をしたらいいのかわからない」という方にぴったりです。声の出し方、息の使い方など、的確に指導します。

◆キーボード

子どもの頃、ピアノを習いたくても習えなかった方、今からでも遅くはありません。まったくの初心者から、本格的に学びたいという方まで幅広く丁寧にサポートします。弾いてみたい曲がある方はぜひお知らせください。

講師のご紹介

重永 まゆみ(しげなが まゆみ)

3歳から母と一緒に日本舞踊を習いながら、4歳からピアノを始める。小学生の時にベートーヴェン展へ行き深く感銘を受け、ピアノの道に進むことを決心する。

大阪芸術大学卒業。米・オレゴン大学大学院で演奏法、伴奏法、室内楽の研究をする。独・ハンブルク国際音楽講習会に参加(2007-2018)し、ディプロマを取得。国際ピアノ伴奏コンクール、日本ピアノ歌曲伴奏コンクール審査員特別賞、大阪府枚方市長賞等受賞。

「現在は、ソリストとしてオーケストラと共演や、室内楽、歌や合奏の伴奏などコラヴォレイティブピアニストとして英・ロンドン、独・ハンブルク等をはじめ、各地でリサイタルやコンサートを行う傍ら、後進の指導を続けています。」

「ライフワークとして、枚方市ひとり暮らし老人会【赤いベレー】や、教会での歌唱指導、障がい者支援のためのチャリティーコンサートなどのボランティア活動を長年続けています。」

「ボイストレーニングのレッスンでは、基本的な呼吸法から外国曲(英、伊、独、仏語など)の発音など、歌いたい曲を気持ちよく歌えるまで楽しく指導させていただきます。無理なく楽しく声を出して、好きな曲を歌いましょう。
生徒さんのいろいろな目的に合わせて、必要なことを指導します。音楽学校受験、バンドのヴォーカル、演劇、歌や合唱、健康維持など、幅広いニーズにお応えします。」

「キーボードのレッスンでは、全くの初心者には楽譜の読み方などから始めて、一人で好きな曲が弾けるようになるまで丁寧に指導します。少し弾ける方には、よりたくさんのレパートリーを増やすために、必要なテクニックを指導しながら、音楽の楽しみを味わっていただきたいと考えています。
無駄な力を抜き、綺麗な音で豊かな音楽表現を身につけることを目標としています。基本的な技術の習得のため、少し厳しく、でもたくさん楽しめる指導を心がけています。」

「ボイストレーニング、キーボードとも生徒さんが希望される曲でレッスンします。ぜひ音楽の素晴らしさを感じてください。」

重永先生のレッスンスケジュール ↓ ※香里園校のみ

第1・第3火曜日 または 第2・第4火曜日16:30~20:00
第1・第3水曜日 または 第2・第4水曜日16:30~20:00
※レッスンは1コマ30分。基本は隔週(月2回)の受講です。
※空き状況についてはお問い合せ下さい。

山上 郁子(やまがみ いくこ)

「音楽教育一筋にやってきましたが、中・高・大学と、合唱漬けの日々をおくり、当然進むべき方向に進んだ感じです。」

「音楽教育の他、これからは『音楽』を学び直したい、という気持ちです。コロナの影響かな?」

「レッスンの特徴としては、『音を楽しむ』ことです。
 ①楽しく歌う → これは絶対はずせません。
 ②そして歌えるようになった、声が出た、という実感を感じていただければうれしいです。」

山上先生のレッスンスケジュール ↓ ※香里園校のみ

第1・第3金曜日10:00~12:00
※レッスンは1コマ30分。基本は隔週(月2回)の受講です。
※空き状況についてはお問い合せ下さい。

山上先生、重永先生担当・コーラスのクラス「うたごえ」のご紹介
「とにかく楽しく歌おう!!」をモットーに、毎週さまざまなジャンルの曲を歌っていきます。歌えなかった歌を歌えるように、そして一人ではなく、ご一緒に歌える仲間がいるということが毎回和気あいあいとした雰囲気を醸し出しています。教室をのぞいていただければ、すぐに雰囲気を感じていただけると思います。ぜひお立ち寄りください。」(山上)
「うたごえ」について、詳しくは、こちら(楽習サークルHP)→

◆しの笛

しの笛(篠笛)は、細めの竹を使った横笛で、祭り囃子や落語の出囃子など、古くから和太鼓と共に日本人に親しまれてきた、身近で歴史のある楽器といえます。やさしく、どこか懐かしく、時に物悲しい響きが特徴です。邦楽のイメージですが、清らかで透明な音色は童謡やポップスにも合います。
楽譜は簡単な数字譜を使用しますので、音楽未経験の方も安心して続けていただけます。

講師のご紹介

大庭 浩爾(おおば こうじ)

大阪音楽大学器楽科卒業(フルート専攻) 曽根亮一氏に師事。
バロックから近代まで幅広いレパートリーを持ち、十数回に及ぶフルート協奏曲、リサイタル、室内楽等、多数の演奏会に出演の後、和太鼓の団体を通じ、しの笛と出会う。以来、研鑽を積み、演奏困難といわれる、伝統和音調の“しの笛”で洋音階を奏でる技術<クロスオーバー奏法>を独自に考案。
大庭流現代しの笛奏法を確立。

2006年 パオロ・フェッラーラ指揮 関西フィルハーモニー管弦楽団との共演により、吉田美香作曲『しの笛とオーケストラの為の2章』を委託初演
2013年 大阪しの笛協会を設立、主宰する
2018年 しの笛演奏会(大阪しの笛協会)
吉田美香作曲『しの笛のための五つの情景』より 「きつねのお医者さん」「こもりうた」初演

「現在は、大阪しの笛協会を主宰し、会員による福祉施設などでのボランティア演奏をおこなう他、 音楽教室、カルチャースクール等の、しの笛・フルート講師をしています。」

「基本はドレミ音階(洋音階)に調律された“しの笛”を使用します。 まずはゆっくりと音を出すことから。慣れてきたら簡単な数字の楽譜で、誰もが口ずさめるやさしい曲へ進みます。また、上級を目指す方にも、それぞれのレベルに応じたレッスンが可能です。」

「大庭浩爾考案の<クロスオーバー奏法>を応用する事により、しの笛の古典『さくらさくら』等から、ポップス、クラシックなどあらゆるジャンルの音楽に対応できます。世界中どこでも喜ばれる、しの笛演奏を目指しています。 日本情緒豊かな曲も、西洋の曲も、しの笛の響きを味わい、楽しんでいただけるようレッスンしています。」

大庭 浩爾
 ホームページ  大阪しの笛協会

大庭先生のレッスンスケジュール ↓ ※香里園校のみ

第2・第4木曜日14:00~17:00
※レッスンは1コマ30分。基本は隔週(月2回)の受講です。
※空き状況についてはお問い合せ下さい。